Loading...

wokobo

2016 26 January

有名企業10社の社名とロゴの由来を辿ってみる

Unsplash / Pixabay

ロゴをデザインする上で、有名企業のロゴとその由来を知る事は非常に参考になります。今回は10社の社名とロゴの由来についてお話します。

ソニー

SONY photo

Photo by Ian Muttoo 

SONYはラテン語の「SONUS(ソヌス)」と小さい、坊やという意味の「SONNY」が由来です。ロゴは非常にシンプルで「SONY」の4文字のロゴタイプのみです。現在のロゴに至るまでに、商標登録時から何度も変化しています。シンプルながら文字の特性を生かし、非常に美しいです。

アップル

アップルの名前の由来には諸説があって、「ジョブズがビートルズ好きだから」や「ジョブズがフルーツダイエットをしていたから」など他にもたくさんあります。公式な発表をしていないので本当のところはわかりませんが、ジョブズ亡き今となっては謎のままです。ロゴマークをデザインしたのはロブ・ヤノフです。1かじりの「a bite」とコンピューターの情報単位の「byte」をかけて、林檎の右側が齧られています。この林檎マークは仕事中毎日、接しているだけに非常に親しみがあります。

ソフトバンク

ソフトバンクは文字通り「ソフトウェアの銀行」です。情報化社会のインフラストラクチャー(社会的な基盤)の役割を担う存在になるという決意から名づけられました。ロゴマークの2本ラインは海援隊の旗印をモチーフにしたものです。2本のラインは「=(イコール)」を意味し、情報革命の担い手としての企業姿勢をシンボル化したものです。世の中の課題を「アンサー(ANSWER)」に導くのがソフトバンクという決意が込められています。

トヨタ

トヨタ自動車の社名は創業者の「豊田佐吉」が由来です。元々は「豊田(とよだ)」と呼ばれていたところ、濁音を外す事によって「デザイン的にスマート、画数が8角で演技がいい、個人名から社会的存在への発展」との3点から「トヨタ」に変更されています。自動車のエンブレムでもあり、シンボルマークは楕円3つを組み合わせTとなっています。これはお客さまの心と車づくりが一体になった信頼感を表しています。このように社名のイニシャルをシンボルマークにするのも、わかりやすく効果的です。

ナイキ

社名はギリシャ神話に登場する勝利の女神である「ニーケー(NIKE)」が由来となっています。「JUST DO IT」のスローガンでも有名です。こちらは「努力を惜しまず挑戦し続ければ、必ず夢は実現する」という意味が込められています。ナイキといえばシンボルマークの「スウッシュ(SWOOSH)」が有名です。こちらはブランド名でもあるニーケーの彫像の翼がモチーフとなってます。デザインしたのはなんと当時まだグラフィックデザインを勉強中の学生です。報酬はたったの35ドル。しかし、デザインしたシンボルマークが世界中で有名になった事は、何ものにも代えがたい名誉です。

アディダス

社名のアディダスは設立者のアドルフ・ダスラーの相性である「アディー」とファミリーネームの「ダスラー」を組み合わせたものです。現在ではアディダスのシンボルとなっているスリーストライプですが、もともとは創業当時の革製シューズの伸びを防ぐ、3本の補強バンドです。後に3本線=アディダスが世に受け入れられシンボル化しました。プーマはアドルフの弟ルドルフ・ダスラーが設立した会社です。

 マクドナルド

マクドナルドは1940年にカリフォルニア州サンバーナーディノでマクドナルド兄弟の始めたドライブイン・レストランが始まりです。その後、レイ・クロックがフランチャイズを展開し、世界に広まります。ロゴマークは元々頭文字の「M」からではなく、シカゴ郊外のマクドナルド1号店の「ゴールデンアーチ」と呼ばれる2本のアーチ型のオブジェを元にデザインされています。その後、「M」と組み合わせデザインされたのが、現在のロゴマークです。

スターバックス

スターバックスの店名はハーマン・メルビルの小説「白鯨」に登場する一等航海士「スターバック」とシアトル郊外にあった「スターボ」が由来です。発症のシアトルが港町ということもあり、シンボルマークはギリシャ神話に登場する2つ尾の「セイレーン」をモチーフとしています。元々は画像のように外枠に「STARBUCKS COFFEE」の文字が入っていましたが、2011年のロゴの変更でなくなりました。僕はこの文字入りのロゴが好きだったので、少し残念です。

ケンタッキー

ケンタッキーは創業場所であるアメリカのケンタッキー州が由来です。ケンタッキーといえばカーネルおじさんですが、創業者のカーネル・サンダースの似顔絵を持ち帰り用の紙箱に印刷したのが始まりです。この笑顔の中には「ほんもののおいしさへのこだわり」が表現されています。「カーネル」は名誉称号で、本名は「ハーランド・デーヴィッド・サンダース」です。

コカコーラ

コカの葉とコーラの実を原材料として使用していたことから、そのまま社名のコカ・コーラとなります。ロゴはコカ・コーラを開発した博士の友人のロビンソンがデザインしたと言われています。多くの企業が時代によってロゴを変えていく中、コカ・コーラのロゴは制定後ほとんど変わっていません。普遍的に愛されている証拠ですね。

まとめ

社名やロゴの由来を知る事は、それぞれの企業の思いも知る事が出来て非常に面白いです。これから社名を考える方や、ロゴをデザインする方は参考にしてはいかがでしょうか?

Pocket